Hatena::Groupfuturelibrarian

こっそー@名古屋会場の事務局日記


U40 - Future Librarian オフィシャルピンズ
販売申込みフォームはこちらです。
http://bit.ly/u40_pins


ゆるーく繋がりたい方。
U40宣言に賛同の方。
U40をそっと応援したい方。
そんなあなたにオススメですv

2009-09-28

明日は岐阜

19:15

明日は岐阜県図書館で開催される、日本図書館協会地方講習会に参加してきます。

…というわけで、本日はせっせとFLU40の案内入りの名刺を作成しておりました。

明日、講習会に参加される方は、よろしくお願いいたします~!



さてさて。

先日、「名古屋アウトプット研究会」なるものに参加してまいりました。

http://www.yamamoto-housing.com/reading/

全員が同じビジネス書を読んで感想を話し合うという、一種の読書会のような催しです。

私は基本的にエンタメ派なので、普段ビジネス書はほとんど読まないうえに、そういう読書会って高校以来なんですが…!!と、かなりドキドキしながらの参加でした。

この日の課題本は、ドラッカーの『プロフェッショナルの条件』。

もう緊張あまり、久しぶりに各章ごとに要旨をまとめるなんて準備もしたんですが(小心者だから…)、コレだけは絶対話題になるだろう!!と思ったのが「何をもって憶えられたいか」という問いでした。

かなり有名らしいので(私は寡聞にして知らなかったんですが…)、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

「やっぱり宗教というか信仰がベースにある国はちょっと違うなー」と思ったんですが、ドラッカーがその問いを宗教の先生に投げかけられた、という話を書いていました。

で、これはきっと話題になる…!!と思って、一生懸命考えたんですけども。

ちょうど同じ本にカーネギーの墓碑銘(これまた有名だそうですね)が載っていたので、墓碑銘風にまとめてみようと思いまして。

最終的にはこんな感じにしてみました。



そのひとが幸福になる力を応援し続けた女、ここに眠る(笑)。



かなり抽象的な書き方ですけども。

なんというか、意識してもしていなくても、そのひとが知りたい!とか学びたい!とか思って得たものは、きっとそのひとの力になると思っているので、そのお手伝いができたらなーと思っているのでした。

いや、まぁ思っているだけじゃいけないんですが……。

ちなみに新人の頃からの私のひそかなモットーは「利用者をタダでは帰さない」です(笑)。

何かひとつでも良いから、来てよかったなーとか、なんか持って帰ってもらいたいと思っています。

かといって、押しつけがましくなってはいけないんですが……。

む、難しいですね。

まだまだ課題の多いU40世代であります。

トラックバック - http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/xiaoshu/20090928