Hatena::Groupfuturelibrarian

U40宣言*有言実行ブログ

|

2010-11-22

【戦略】南雲知也さま

| 21:08

こんばんは。

今日は図書館とは違う場所で働いていらっしゃる方のストラテジーをご紹介します!


**********


勤めている会社に図書室を作ります♪


(株)ブレインテック

南雲知也


**********


おおお~これは楽しみですね!!

可能なら見学に伺いたいです♪

続いての方は、こちら。

【戦略】吉岡 利之さま

21:08


*********


図書館という機能•存在が与えてくれた価値を、個人的レベルで語るのではなく、社会への貢献•学術振興(仕分け対象になりそう)等各分野•領域で、数値化、再定義されることが必要と思う。

学術のコミュニティディシプリン、市場主義経済活動、教養•文化的生活各々での研究が望まれる。「読書する」行為自体を再認識•再定義することから、本という存在のデジタルでのあり様を決定するのだと考える。

様々な、そして雑多な自立した言論空間を提供することで、その一助たることを目指します。


丸善(株) ライブラリーニュース編集室

吉岡 利之


**********


ライブラリーニュース、お世話になっている方も多いのではないでしょうか?

丸善といえば「松丸本舗」でも何かと話題ですよね。

今後も目が離せません!


色々な方が、ストラテジーを寄せてくださっています。

画面の前のあなたも、ぜひどうぞv


(K)

KarinKarin2012/11/10 16:15Wakling in the presence of giants here. Cool thinking all around!

hzznlybkihzznlybki2012/11/10 23:538eoqN1 <a href="http://xchogiekbxjm.com/">xchogiekbxjm</a>

mcuuwttsmcuuwtts2012/11/13 01:26WTJ7Md , [url=http://jtktkgmfirvn.com/]jtktkgmfirvn[/url], [link=http://gkyleenpneiw.com/]gkyleenpneiw[/link], http://taznwoydkepl.com/

2010-11-21

【戦略】萬谷 ひとみ様

| 21:06

こんばんは!

今日も素敵なストラテジーをご紹介しますよ~!!


**********


「あらゆる人に読書環境を!!」

これを実現していきたいと思います。


今、私は障害者サービスの担当をしています。

今年1月1日に著作権法が改定され、今まで目の不自由な人のための録音図書が、様々事情で活字を読むことが困難な方全てに録音図書の活用等が認められました。


今、新宿区では、約750人の視覚障害者と約9700人の身体障害者手帳所持者がいます。

しかし、障害者サービスの利用をされている方は、約100人です。

新宿区図書館障害者サービスは、手帳の有無を問わず登録ができます。

このことをもっと多くの方々に知っていただき、あらゆる人が読書できるようにしていきたいと思います。


また、最近「無縁社会」に関心を持っています。NHKの調べでは、一昨年1年間で、3万2千人にのぼる「孤独死」が明らかになっています。

図書館でも何かできないか、これから考えていかなくてはならない問題だと思っています。


例えば、地域見守り協力員や社会福祉協議会の方々と協力して「家庭配本」サービス等を行うことで安否確認ができたらいいなぁ・・など常日頃思っています。


そのためには、図書館がただ貸出返却業務を行っているのではなく区民のために様々な活動を行っていることをPRしていきたいと思います。


新宿区立中央図書館

萬谷 ひとみ


**********


無縁社会」、今大きな問題になっていますよね。

図書館を会場にして、自殺対策の相談会を行っているという報道もありました。

図書館が積極的にサービスを行うためにも、PRは欠かせないのですね。

肝に銘じたいと思います…!

(K)

drkvicbbfdrkvicbbf2011/02/27 14:22uUccWU <a href="http://xvsjtmmsdyec.com/">xvsjtmmsdyec</a>, [url=http://phlzqygvmjlp.com/]phlzqygvmjlp[/url], [link=http://moxbzvqhacgn.com/]moxbzvqhacgn[/link], http://bazdsiapgwux.com/

2010-11-19

【戦略】大谷周平さま

| 21:09

Hです。


今日のストラテジーはこちらです!


**********


利用者指向のサービスを実現するために、

対話の場をもうけることに加えて、

利用者のことをもっと知る必要があります。

利用者行動を把握するための取り組みを行い、

1年以内になんらかの成果として公表できる

ようにします。


琉球大学

大谷周平

**********


たまたまですが、

大谷さまからも対話のお話しがでてきましたね。


本当の意味での「利用者指向のサービス」を実現

することって、まだまだ難しいことなのかもしれませんね。


具体的に1年以内と期日を書かれていますが、

実現に向けて、ぜひ頑張っていただきたいですね。

陰ながら応援してます!


(H)

2010-11-18

【戦略】熊谷慎一郎さま

| 21:04

こんばんは!


そして、はじめまして!!

Hです。


今日のストラテジーはこちらです!


**********

容易く「NO」は言いません。

みんなで勉強する場を作りたいです。

汗をかいて智恵を絞って対話を続けるのです。

熊谷慎一郎

**********


熊谷さんの言われるとおりですね。

対話を続けて行けば、道は開かれていくかもしれませんね!

(H)

vdvozpenpzvdvozpenpz2011/02/26 20:0531pISe <a href="http://ppxnnecwicwh.com/">ppxnnecwicwh</a>, [url=http://ambcdsbbsvfp.com/]ambcdsbbsvfp[/url], [link=http://utnjefztkmtv.com/]utnjefztkmtv[/link], http://xljhepobcdwn.com/

2010-11-17

【戦略】ouslibさま

| 08:49

おはようございます!

今日は朝から更新ですよ~。

噂の(?)熱いストラテジー、どうぞ!


**********


『未来の大学図書館を作るために 今年 私ができること 私がしたいこと』

===================================

 図書館は、蓄積の場である。

 つまり、未来を語るには、まず手元の仕事を片付ける。

 今日、私は受入をしました。大学の専門資料 約70タイトルです。

 また、就職部の方と就職関係の図書の選定を行いました。

 こうやって少しずつ選定し、受け入れて、整理し、配架する。そして、利用しやすいように、書架整理をし、問い合わせに答え、貸出をし、返却をし、除籍をする。

 そうやって、未来の方のために、まるで盆栽を作っていかのごとく、十分に手を入れて、円熟した図書館を作っていく。それこそ、私の使命だと思っています。

 でも、目的もなく、ルーティンワークをやっていくと、流されやすいですよね。

 そこで、皆さんで、将来のことを少し考えてみませんか。

「皆さんの目標ややることなどを書いてみましょう。

● 11月29日 私はOOをする予定です。

 

● 2010年12月 私はOOをする予定です。

● 2011年5月 私はOOをする予定です。

● 2011年11月 私はOOをする予定です。

● 2013年 私はOOをする予定です。

● 2015年 私はOOをする予定です。

● 2020年 私はOOをする予定です。

● 2030年 私はOOをする予定です。」

そうですね。例えば、私についてお話ししますと・・・

 私は、今、図書の選定~発注~受け入れをし、そして企画展示をし、館内の改善提案係の様なことをしています。

 そんな私としては、

 まず、11月29日は、丸善紀伊國屋書店から届いた資料の受け入れをします。

 (横浜に来ている間に、山のように積まれていたらどうしましょう??)

 来月、12日は、理工系の専門書以外の人文・社会系の選書を行います。2日には、丸善の企画展に行って猟書してきます。なかなか、予算が確保できないので、その分、足も頭も使っているんですよ。

 半年後の5月は、新入生オリエンテーションも終わり、できれば、

 新入生オリエンテーションですが、今年よりも分かりすくしたいと思います。なお、これは坪井が担当ではないかも知れませんが、できる限り担当者の手助けをしたいと思います。

 また、新しい方が図書館の職員として入りますので、図書館のお仕事の説明をしないといけませんね。

 1年後の11月は、今年こそはの思いで、「レポートの書き方講座」をしたいです。

 また、少し将来のために、除籍を行わなくてはいけません。できれば、秋口に一度、選書ツアーを組みたいですね。

 3年後には、今よりも、もっと図書館が発展します。利用者が読みたいものがあり、調べたい勉強ができる環境。そんな環境を、もっと作っていきます。ただし、学生数が、できれば同数、もしかすると減になるかも知れませんので、少しスリム化をはからないといけませんね。

 できれば、5年後ぐらいには、

 そろそろ1課を任される位には成長したいですね。できれば、体制の維持ができれば良いです。

 一番の悩みどころは、やはり職員の質の向上です。

 何があっても、へこたれない組織を、ここからじっくりと作りたいと思います。

 また、他部署や先生方との連携を、今以上に図っていきたいと思います。

 10年後。学習環境を思いっきり変えたいです。(この辺になると、希望ですね。)

 たとえば、インフォメーションコモンズに対応できるように、パソコンブースを作っておくとか、個別学習に対応できるように、個人キャレルを増やすとか。学生が勉強しやすい環境を、スタッフの皆さんと作りたいですね。

 20年後。そろそろ、老後の心配をしつつ、学園が発展するために、少しでも貢献できるように、良い図書館を真剣に考えるスタッフを育てていければ良いですね。

 そこからは、わかりません。

 なぜならば、今の大学図書館で起きている事象は、

 20年前に「果たして、今の図書館は学生にとって使いやすいのか。受入やすいのか。学生があわせるのではなく、学生にあわせる図書館というのも必要ではないか。」と感じていたものが、

 少しずつ 少しずつ形となって現れてはいますが、それ以降のことを思っても鬼が笑うだけになりそうな気がします。

===================================


**********


私などは思わず『おおきく振りかぶって』を思い出してしまうのですが(笑)、具体的な未来日記、とっても魅力的でわくわくしますね!

私も手帳に書いてみようと思います。

とりあえず私の11月29日は、12月1日に控えたおはなし会の練習で切羽詰っていると思われます(笑)。

皆様もぜひ!チャレンジしてみてくださいませv

(K)

|