Hatena::Groupfuturelibrarian

U40宣言*有言実行ブログ

 | 

2010-11-24

【戦略】水野翔彦さま

22:54

**********


私は図書館に勤務をしていますが、直接面と向かって利用者とお話をすることはほぼありません。

常にウェブ上の画面やプレゼンテーションなどを通して利用者に向かい合います。

そうした場で考えることは、誰かに何かをする場合、大事なのは「自分が何をするか」ではなく「相手が何を受け取るか」と言うことです。


自分が働きながらいつも不満に思っている点は、利用者に一番接しているところが一番おろそかにされている点です。

掲示物、ホームページ、資料の検索ページ、プレゼンテーション、あげればキリがありません。

「アクセシビリティ・ユーザビリティはちゃんとできるようになってから」「デザインは時間があれば」と言ってるようではいつまでもその「ちゃんとしたサービス」は実現しません。


「見た目」は一番上っ面のどうでもいい部分、では無く一番上っ面にあるからこそ手をかけなければならない部分です。

結局そういう点は相手がどう見るか、どう受け取るか、ではなく自分がどうするかしか考えていない証拠なのかな、と考えます。


館内、館外問わず一番最初に人を迎え、人に多く見られ、人に多くの利便を提供しているのは誰か?

それはやっぱり上記のモノたちでしょう。


私は、公共の場たる図書館を「だれでも」快く利用できるように、常にユーザビリティ、アクセシビリティ、そして機能にとんだ掲示物、ホームページ、本の検索ページ、プレゼンテーションなどを作成することを目指します。


水野翔彦


**********


ううっ……何とも耳に痛いお言葉です(心当たりがありすぎて)。

たしかに皆さんが最初に、そして一番多く接する部分ですよね。

「相手が何を受け取るか」……心したいと思います。

GinaGina2012/11/09 14:52I think you hit a bullseye there felals!

lpuunlfgaqlpuunlfgaq2012/11/12 01:02ZVLDnt <a href="http://xhtbisygqmxm.com/">xhtbisygqmxm</a>

ybyrzlybyrzl2012/11/12 10:36N0V5kF , [url=http://jhxbedxdegkl.com/]jhxbedxdegkl[/url], [link=http://qhclnrvaexnh.com/]qhclnrvaexnh[/link], http://lykzjsdpdwjz.com/

 |