Hatena::Groupfuturelibrarian

U40東京会場担当日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2010-09-04

皆さまからのメッセージをご紹介します(3)

| 皆さまからのメッセージをご紹介します(3) - U40東京会場担当日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 皆さまからのメッセージをご紹介します(3) - U40東京会場担当日記 皆さまからのメッセージをご紹介します(3) - U40東京会場担当日記 のブックマークコメント

これは、以下のエントリーの続きです。

皆さまからのメッセージをご紹介します(1)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100902/p1

皆さまからのメッセージをご紹介します(2)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100903/p1


引き続き、皆さまからのメッセージをご紹介します。


高宮光江 様 (国際子ども図書館)

昨年のFuture Librarian U40の立ち上げから1年ですね。おめでとうございます!ダブル真の野望も果たし、iPad登場、電子書籍市場も大きく変わりつつあります。急速に変貌している情報業界ですが、情報航海の舵取り役として、常に前方を見つつも船の安全も確認し進んで行きたいです。この数年の動きで、図書館で一番重要なものは「人」である事を実感します。人脈というwebが張り巡らす事がとても大事な現在、どうぞよろしくお願いします。

高宮様、“図書館で一番重要なものは「人」”というお言葉が、とても印象的なメッセージです。そのような大事な人脈を、参加者の皆さまがそれぞれに持ち帰れるようなイベントにしたいですね。

プレミアセッションの当日には、どうぞよろしくお願いいたします。


永見聡一朗 様 (筑波大学)

図書館界とスポーツ界の夢(?)のコラボレーションを創り出したいと思っています!! U40の中でも若造ですがよろしくお願いします!!

永見様、図書館とスポーツとのコラボレーションを創り出そうとする、熱い志を感じるメッセージをありがとうございます。ぜひ、その夢が実現されることを願っております。

その夢を実現されるためにも、いろんな方々との人脈作りが大事になりますね。ぜひ、たくさんの新しい出会いを持ち帰ってください。イベントの当日にお会いできるのが楽しみです、よろしくお願いいたします。


追記

永見聡一朗様には、U40プレミアセッション東京会場でのライトニングトークをお願いしております。

タイトルは「図書館駆けるスポーツ」とご連絡いただいております。図書館とスポーツとは思いもよらない組み合わせ、これまでの常識を打ち破る面白そうなトークになりそうですね。そしてこの「駆ける」の部分は、掛け算の「×」とのダブルミーニングなのでしょうか? いろいろと妄想と期待が膨らむタイトルです。当日のご発表が楽しみです。

永見様、会場中が熱く燃え上がるような、スポーツマンらしい小粋なトークを期待しております!


追記

これは、以下のエントリーに続きます。

皆さまからのメッセージをご紹介します(4)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100905/p1

皆さまからのメッセージをご紹介します(5)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100906/p1

皆さまからのメッセージをご紹介します(6)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100907/p1

皆さまからのメッセージをご紹介します(7)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100908/p1

皆さまからのメッセージをご紹介します(8)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100909/p1

皆さまからのメッセージをご紹介します(9)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100910/p1

皆さまからのメッセージをご紹介します(10)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100911/p1

皆さまからのメッセージをご紹介します(11)

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100913/p1

 |