Hatena::Groupfuturelibrarian

水戸でもやります!長屋の日記

2010-01-24

どうせ遅れるなら

| 16:19

 嶋田さんがFLU40の不良事務局員と自称してらっしゃるようなので、それならば自分は不良事務局員No.2です(いや、更新の遅れ的にはNo.1ですね)。「年内」にまとめるはずのFLU40の振り返りでしたが、一ヶ月もひきのばしていたのは、一重に自分自身の「怠惰」です。ここまでくると開き直りです。

 さて、気を取り直して、FLU40を振り返りたいと思います。自分の失敗やうまくいった部分、その他感じたことや周囲から頂いた意見をここにメモ的に記しておくことで今後何かの参考になれば。

1.水戸会場について

 会場の選定について。当初「駅近」を探していたのですが、そうするとお店の選択肢が少なくなる、ということで駅から10分程度はOKだろうということで徐々にお店の選定範囲を広くしました。実際に会場として選んだお店が比較的わかりやすい場所だったこともあり当日集まった方で「道に迷った」という方はいらっしゃらないようでした。事前に「会場までの道しるべ」のようなものをブログ上に掲載しておいたことも良かったのかなあという気がしています。

2.当日の進行について

 お店にきたときに集金、すぐに名札をつけてもらいました。名札は100円ショップで売っているシールタイプのネームラベルに事務局員の丸山さんが作ってくださったFLU40のイメージと所属+名前をパソコンで打ち出したものです。

 進行は、簡単な趣旨説明+乾杯!->お話->生演奏->締め、という流れでした。ええ、わざわざ明記する必要がないほどいたって普通です。10人ちょっとの参加者でしたので、立食ではなく、着席で。ただし、当日集まった方のほとんどは知らない方同士。なので、席替えをどんどんしていただくように、お酒を注文したタイミングで隣のテーブルに移っていただくようお願いしました。何度か動いていただくことで、比較的うまく動くことができ交流を広げることができたように思います。

3.他会場との交流について

 幸いにも無線LANを提供していただけるお店でしたので、事前にお店に出向いた際にラップトップを持参し無線LANの設定を確認しておきました。twitterやらskypeで他会場との交流ができるかも、最悪でも東京会場の様子をラップトップで表示しておこうと思っていたのですが、当日はやはり気持ちもバタバタや準備不足からバタバタ。沖縄会場の大谷さんと「skypeでもしますか」とか、山形会場の佐藤亜紀さんとは「電話でもしますか」と言っていたのに、以前書いたようにどちらも実現せず(すみません!)。このあたりは次回への課題です。

4.図書館グッズや持ち込みグッズ・チラシ

 直前に「図書館グッズ欲しいです!」などといってしまい事務局員の大貫さん、伊藤さんと萬谷さんにご迷惑をおかけしながら、事務局分の図書館グッズを水戸会場でも頂きました。図書館グッズ用の手書きくじを配布し、U40開始後、会場の雰囲気が多少ほぐれてきた頃合いに各参加者にくじを引いてもらいグッズを配布しました。また、事前に「配りたいチラシなどありましたらぜひおもちください」と参加者にメールをしておいたので、このタイミングでチラシやらグッズ配りが始まりました。この瞬間、実際に人が動いたこともありますが、さらに輪をかけて会場全体の雰囲気が良い方向に崩れた気がしました。特に持ち込みグッズ・チラシは「これを渡したい!」とおもって持ってきているわけで各自の説明にも自然と熱が入り自然と話が弾む、そんな効果があるように思います。

5.スナップショットについて

 自分自身がカメラが好きなので「当日はがんばって撮影するぞ」と意気込んでいったものの、やはり撮影は難易度高かったです。照明の暗さ、着席の飲み会という状況(人と人が顔を付き合わせているところで写真を撮るのはなかなか高度)、などなど。枚数少なかったのですが、幸いにもどれもこれも良い顔(笑顔)が撮れていたのでほっと胸をなでおろしました。今は携帯にはかならずといっていいほどカメラがついていますし、写真を撮るという行為はそれほど敷居が高いものではなくなっています。「一人ずつ今日のお気に入りの一枚を撮ってくださいねー」という仕掛けも面白いかなと思いました。とりあえず、こうしたイベントは複数人、撮影係をお願いしておいた方が絶対に良いです。写真が残っているのと残っていないのでは全然違いますから。

6.写真の公開について

 上で書いたスナップショットもできれば公開したいと思い、とりあえずpicasa上に撮影した写真を全部のせ、限定公開モードとし(URLを知っている人しかみれない)水戸会場参加者へ写真の一般公開について相談しました。具体的にいえば「載せないでほしい写真を教えてください」と。これはわりとけっこういろんな反応をいただきました。結論としては雰囲気が伝わればいいわけで、できるだけ個人が特定されないように(特に胸元に名札をつけてもらっていましたので、名札が読み取れない程度の画像の荒さで)という方針で、以前こちらに載せたように一枚ものへ編集した形で一般公開としました。

7.U40のチラシについて

 事務局員の熊谷さんにtwitterで「水戸会場のU40のチラシ欲しいです!」とお願いし、作っていただきました。こちらは知人などにお願いし各方面に配ってもらいました。「足で稼ぐ。」で宣言した通り、笠間市立の笠間図書館、友部図書館にはチラシを持ち込み、館内の写真を撮らせていただきました。FLU40のブログへ茨城の図書館紹介として館内の写真を掲載してよいですか?と問い合わせたところどちらの図書館でもその場で快諾いただきました(ありがとうございました)。その後、諸事情あり掲載にはいたらなかったのですが、こうした試みは次回があるならばぜひ続けたいと思いました。またやはりイベントを説明する際にチラシがあるのとないのでは違うだろうな、とも感じました。

8.事務局の雰囲気について

 不良事務局員No.2として事務局の雰囲気について記してみます。参加させてもらってすぐには「何が起こっているのかわからないほど」早いペースでメールがやりとりされていました。助走期間なしで普通道路から高速道路に飛び込んでしまったようなそんな錯覚を覚えるほどでした。メールの内容としては、アイディアの掲示、事前のモノコトに関する準備etc。以前にだれかが指摘したにも関わらず埋もれてしまった議題などを掘り起こすことも頻繁でした。最終的に事務局MLで交わされた議論やアイディアなどの一部しか表には成果としてでていませんが、このMLに蓄積されたものはものすごい財産だと思います。

9.その後のつながりについて

 FLU40後の図書館総合展にてたくさんの方と実際にお会いすることができました。じわじわとそのつながりは広がりつつあります。今年に入って、「情報管理」「図書館雑誌」「みんなの図書館」に立て続けにFLU40の報告記事が掲載されています。まずは図書館の中でつながりを作ろう、というところから出発したFLU40だったと思います。少なくとも自分の周りにおいてはそれは確実に成功していると実感しています。

 一方で「(図書館の外にいる人間としてみると)結局は図書館員だけで盛り上がってるだけじゃないか」「図書館界の一部の人が盛り上がっているだけ」「到底、あの日程では参加できない」という声も聞こえてきています。FLU40が明確な形でもう一度開催される際には、そうした声にどれだけ応えていけるか、そこが最重要ポイントではないかと感じております。

 昨日のことになりますが関西で「図書館員であつまって新年会@大阪」というイベントが行われました。参加者は40人ちょっと。去年の暮れにも行われたので今回は2度目となります。自分が関わっているLifoでも新年会が昨日、都内で行われました。こちらの参加者は10名ちょっと。両イベントの参加者を合計すると60名近くでしょうか。関西のイベントとLifoの新年会が同日開催ということで、twitterのハッシュタグを共有する、写真置き場を共有する、東京-大阪で電話する、などコラボを試みました。また、東京、大阪ともに物理的に参加できない人もいるためにFLU40の事務局員だった大谷さんが中心となってウェブ会場を設置・運営し、twitterGoogle waveなどのリアルタイムな交流を可能とするツールを用いて交流を試みました。

 とまあ、思いっきり脱線したことを書いている気もしなくはないですが、なんだか上に書いたイベント「FLU40」的だと思いませんか?おそらくFLU40がなければ、こういった流れにはならなかっただろうと思います。FLU40が自分たちに与えたものは大きかった、ということを宣伝もかねて書きたかったのです。

 もちろん、課題やら批判、運営上の問題点は真摯に受け止め、きちんと反映していきたいと思っております。あれだけのイベントだったからこそ、叱咤激励、図書館界内部・外部からの批判をしていただけることは、事務局員の一人として、参加者の一人として、そして図書館に関わっていこうとおもっている一人として嬉しく思います。

 ゴールではなく始まりとしてのFLU40、という視点で何度も何度も反芻することになるだろうと感じています。

----

というあたりがFLU40水戸会場の準備、当日、運営、その後の雑感、です。

PatchPatch 2011/12/22 20:02 I told my kids we'd play after I found what I nedeed. Damnit.

uxobjzegvuxobjzegv 2011/12/23 19:32 eLAfP3 <a href="http://lmpplsprwkwb.com/">lmpplsprwkwb</a>

blhzupahblhzupah 2011/12/24 18:59 gg8TTf <a href="http://dptqnuvamrkp.com/">dptqnuvamrkp</a>

ゲスト



トラックバック - http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/haseharu/20100124