Hatena::Groupfuturelibrarian

U40のうらがわ@ariyosi このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-10あらためて、自分がなんでU40に参加しているのかについて

あらためて、自分がなんでU40をやっているのかということについて

01:19 | あらためて、自分がなんでU40をやっているのかということについて - U40のうらがわ@ariyosi を含むブックマーク はてなブックマーク - あらためて、自分がなんでU40をやっているのかということについて - U40のうらがわ@ariyosi あらためて、自分がなんでU40をやっているのかということについて - U40のうらがわ@ariyosi のブックマークコメント

お久しぶりです。ariyosiです。

結局U40@奈良の感想を書けずじまいで申し訳ないです><

ブログ書くの苦手だ…


さて、現在U40では、図書館総合展に向けて、下記のイベントを企画しています。

U40 - Future Librarian 2010 ストラテジーセッション~明日のために、今のわたしができること。~


この企画のために色々と動きながら、あらためて自分はなんでU40をやってるんだろう、ということを考えてみました。

私は現在、図書館情報学若手の会ALISの活動を行っています。

この活動の動機は、単に図書館情報学を学んでいる他の人にも会いたいなぁ、という極々単純なものでした。少しずつですが、活動に興味を持ってくださる方も増えているので、なにかもっとおもしろいことができないかなぁとおもっているところです。

U40もそういったプラットフォームなのかな、って思ってます。

ただU40のすごいな、って思うとこは、図書館の人だけじゃなくて、利用者だったり、地域の人だったり、そういった人も取り込んでいこうと思っているところだと思います。

この半年間、様々な図書館関係者の方と触れ合う機会を持ちました。

みなさん素敵な人ばかりだった。

そういった人同士がつながることもすごい重要だと思うし、それが外へ広がっていったらもっといいって思う。

ひとりひとりが力を出しあってもできないかもしれない図書館を元気にする!ができる可能性だったり、交流をすることで新たな知見が得られる場。

それが私にとってのU40という場なのかなぁ。

そういう場を提供するお手伝いをできたらいいと思う。


事務局をやっていると、図書館に関わる人がどんなひとなのかがわかってちょっと楽しかったりするw

私はまだ学生で、知らないこともたくさんあるけれど、色々なバックグラウンドを持った人たちと一つのものを創り上げていけるのは楽しいなぁ、って思ってる。


私の図書館の理想は、図書館が空気になること。

利用しなくてもいい、ただそこにある。


今の図書館は色々な問題を抱えていて、きっとすぐにはすべてをかえることは無理で

でもできることから、ひとつずつ。

そんな気持ちで、私も何かできたらいいな、って思ってます。